[HOME]
じぶん大学 (じぶんだいがく)
【更新時刻】 2009/06/21 15:04:19
【分類】 [活動] [勧誘] [サークル] [社会人]
【参照URL】 http://www.k2.dion.ne.jp/~jsagashi/
【関連語】
【意味】 (→意味追加)
(1) 宗教団体浄土真宗親鸞会の社会人サークル。
以前は「Komachi Style」という社会人サークルを名乗っていたが、名称を変えてメールマガジン中心に変更し、アカギ大学いきいき大学のように「大学」を名称に入れている。
[seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


釈愚童 (しゃくぐどう)
【更新時刻】 2009/06/21 11:59:11
【分類】 [人物]
【参照URL】
【関連語】 高森顕徹愚童釈顕徹
【意味】 (→意味追加)
(1) 愚童釈顕徹」を参照のこと。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


しゃべり場 (しゃべりば)
【更新時刻】 2007/07/08 03:45:48
【分類】 [サークル] [学生]
【参照URL】
【関連語】
【意味】 (→意味追加)
(1) 宗教団体浄土真宗親鸞会の学生サークル名。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


(じょう)
【更新時刻】 2009/03/04 12:24:11
【分類】 [活動] [献金]
【参照URL】
【関連語】
【意味】 (→意味追加)
(1) 親鸞会が発行する領収書に記される貨幣単位の一つ。
1畳は400万円を意味した。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


正信聖典 (しょうしんせいてん)
【更新時刻】 2009/06/21 13:50:51
【分類】 [活動] [勤行] [発行]
【参照URL】
【関連語】 獲信の記録
【意味】 (→意味追加)
(1) 朝夕の勤行の際に使われる聖典。

『真宗宗歌』『正信偈(正信念仏偈)』『念仏和讃六首引』『御文章(聖人一流の章、白骨の章など)』『恩徳讃』などの他の真宗教団の勤行聖典にもあるものも見られるが、『信心数え歌』『親鸞聖人の御歌』『あゝ親鸞会青年部』『親鸞会同志の歌』などの独自のものも含まれている。

『信心数え歌』は高森顕徹会長が華光会に所属していたときに出版した『獲信の記録』(華光社発行)にも載せられていたもの。
『親鸞会同志の歌』は軍歌『同期の桜』の替え歌で、『同期の桜』の曲で歌われていたが、専門家に依頼した曲が暫定的に使われるようになり、1982年に会員から新メロディを募り、その後、会員作曲のものが用いられるようになった。

初版発行は1961年4月8日。
編集者兼発行者は高森顕徹氏。
[seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


湘南いきいき塾 (しょうなんいきいきじゅく)
【更新時刻】 2007/07/15 09:39:23
【分類】 [活動] [勧誘] [サークル] [社会人]
【参照URL】 http://members2.jcom.home.ne.jp/letsgoshounan/
【関連語】
【意味】 (→意味追加)
(1) 宗教団体浄土真宗親鸞会の社会人サークル。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


正法宣布 (しょうぼうせんぷ)
【更新時刻】 2006/12/23 02:03:48
【分類】 [発行]
【参照URL】
【関連語】
【意味】 (→意味追加)
(1) 1980年1月末から発行していたアメリカ支部の機関紙の名前。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


情報部 (じょうほうぶ)
【更新時刻】 2006/07/25 09:21:49
【分類】 [組織]
【参照URL】
【関連語】 弘宣部
【意味】 (→意味追加)
(1) 親鸞会の出版物の編集を担当する部門。もともと「編集局」と呼ばれていたが、1980年に「情報部」と改称された。独自記事作成のために他団体への潜入ルポも数々行ったことがある。
1992年に弘宣部と改称された。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


新勧 (しんかん)
【更新時刻】 2006/04/24 14:21:35
【分類】 [勧誘]
【参照URL】
【関連語】
【意味】 (→意味追加)
(1) 大学で新入生を勧誘すること。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


新歓合宿 (しんかんがっしゅく)
【更新時刻】 2007/07/31 21:52:03
【分類】 [活動] [勧誘] [サークル] [学生]
【参照URL】
【関連語】 FSフレッシュセミナー
【意味】 (→意味追加)
(1) 新入生歓迎合宿のこと。「フレッシュセミナー」を参照。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


信条 (しんじょう)
【更新時刻】 2008/08/19 07:34:05
【分類】 [教義] [組織]
【参照URL】
【関連語】
【意味】 (→意味追加)
(1) 親鸞会の会員信条は初代会長である高森顕徹氏によって定められた。信条には次の4つが掲げられている。

親鸞学徒信条

一、われら親鸞学徒は、
人生の究極の目的は、絶対の幸福を獲るにあり、絶対の幸福は、真実の宗教を信ずることによってのみ獲得出来ることを信じます。

一、われら親鸞学徒は、
世界に宗教多しと雖も、唯一絶対真実の宗教は、大聖釈迦牟尼世尊の説き給うた仏教以外には絶対にないことを信じます。

一、われら親鸞学徒は、
釈迦牟尼世尊の出世本懐の中の本懐は、本師本仏の阿弥陀仏の御本願を説かれた大無量寿経にのみあったことを信じます。

一、われら親鸞学徒は、
阿弥陀仏の御本願を聞信すれば、一念往生、現生不退、絶対の幸福を獲ると教え給うた親鸞聖人の御教を信じます。

この「親鸞学徒」の部分は従来は「親鸞会会員」とされていたが、1991年頃より「親鸞学徒」に変更された。
この「親鸞学徒信条」を信じる人をもって浄土真宗親鸞会会員と定めている。

この会員信条は、1957年2月、まだ徹信会(親鸞会の前身)であった頃、富山県福光町の会員宅で夜に高森顕徹氏によって創作された。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


信心数え歌 (しんじんかぞえうた)
【更新時刻】 2008/08/19 07:34:05
【分類】 [教義] [活動] [発行]
【参照URL】
【関連語】 獲信の記録正信聖典
【意味】 (→意味追加)
(1) 阿弥陀仏に救われた心を数え歌で表わしたもの。『正信聖典』や『獲信の記録』に収録されているが、高森顕徹氏の師である伊藤康善氏編集による『仏教詩歌集』(華光会発行)にも収録されている。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


信心獲得 (しんじんぎゃくとく)
【更新時刻】 2007/04/08 07:08:43
【分類】 [教義] [教学]
【参照URL】
【関連語】 獲信
【意味】 (→意味追加)
(1) 阿弥陀仏に救われ、絶対の幸福の身になること。「信心決定」「獲信」ともいう。詳しくは「獲信」を参照のこと。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


信心決定 (しんじんけつじょう)
【更新時刻】 2007/04/08 07:13:18
【分類】 [教義] [教学]
【参照URL】
【関連語】 獲信
【意味】 (→意味追加)
(1) 阿弥陀仏に救われ、絶対の幸福の身になること。「信心獲得」「獲信」ともいう。詳しくは「獲信」を参照のこと。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


親友 (しんゆう)
【更新時刻】 2006/12/22 22:58:13
【分類】 [発行]
【参照URL】
【関連語】
【意味】 (→意味追加)
(1) 1971年1月から3ヶ月に1度発行されていた滋賀・岐阜青年部による地方紙の名前。発行部数は千部であった。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


真友 2 (しんゆう)
【更新時刻】 2006/12/22 23:03:25
【分類】 [発行]
【参照URL】
【関連語】
【意味】 (→意味追加)
(1) 1971年6月より発行されていた富山県小矢部地区の地方紙の名前。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


親友クラブ (しんゆうくらぶ)
【更新時刻】 2006/05/07 05:46:31
【分類】 [組織]
【参照URL】
【関連語】 親友部
【意味】 (→意味追加)
(1) 親鸞会事務局のこと。親友部の前の名称。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


親友部 (しんゆうぶ)
【更新時刻】 2006/05/07 05:53:24
【分類】 [組織]
【参照URL】
【関連語】 親友クラブ
【意味】 (→意味追加)
(1) 親鸞会事務局のこと。事務局は1991年11月10日に「親友クラブ」と改称されたが、1994年5月15日からは「親友部」と改称された。管理部門、輸送部門、出版部門、保育部門などがある。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)


親鸞学徒 (しんらんがくと)
【更新時刻】 2008/08/19 07:34:05
【分類】 [組織]
【参照URL】
【関連語】 信条
【意味】 (→意味追加)
(1) 親鸞会の会員のこと。アニメビデオ『世界の光・親鸞聖人』シリーズが企画された頃から、親鸞会の会員のことを特に頻繁に「親鸞学徒」と呼ぶようになった。これにともなって、これまで「親鸞会会員」「親鸞会員」とされていた箇所が「親鸞学徒」に変更になった。
戦時中の学徒兵をも想起させ、アニメ販売戦という聖戦に出陣する学徒という意味でも使われた。

もともとは「親鸞聖人の教えを学ぶ人」という意味で、高森顕徹氏の師であった伊藤康善氏が好んで「親鸞学徒」という言葉を使っていた。 [seaglet]

【ファイル】

【一言】 (→コメント追加)
[01/05 14:44] おおおお:因みに教える人は親鸞教徒